« ホーホケ6巻 | トップページ | SφHOLM CAFEでランチ »

2006年11月21日 (火)

映画「王の男(왕의 남자)」試写会

Onootoko
映画『王の男』の試写会に行ってきました。
まず一言!!面白かったぁー!!
ホント当たって良かったよ。
試写会に行かなかったら、観てなかったかもしれないもん。
映像もキレイだったし、役者もどの人もあってて良かった。
時代劇ってとこも良かったと思うんだよね。
あとチャングムを観てたのが良かったと思う。
一番良かったのは、カム・ウソンの声!!
芸をやってる時の声がすごくいい声なのだ!
映画が終わった後に母にそのことを言おうとしたら、母に先を越されてしまった(笑)
母もいいと思ったらしい。
そして、イ・ジュンギも良かった。
キレイだったし、すごく魅力的だった☆
王さまが虜になるのもわかるよ!
コンギルは唯一王の孤独と苦悩を理解してたんだよね。
ヨンサングン役のチョン・ジニョンもすごいハマリ役だったと思う。
狂気的な時の顔とかいいカンジだったもん。
ちょっと北村一輝と似てる気がしたのは私だけだろうか?
タイトルの『王の男』とはコンギルの事だったんだね。
そして、『それより奥は、見てはならない。』とは・・・
12月9日公開です。オススメの映画なので是非っ!

あらすじ:16世紀初頭、暴君として今も語り継がれる実在の王、燕山君(ヨンサングン)の時代。 王は幼い頃に母親を毒殺され、今でも心に深い傷を負っていた。 そのせいか、人前で笑ったことがない。 そんな王と愛妾ノクスを皮肉った芝居が漢陽の都で人気を博し、2人を演じた “芸人の王”チャンセンとコンギルは、一躍民衆の星となるが、2人は重臣に 捕らえられ、王が芝居を見て笑わなければ死刑だと言い渡される。 一目でコンギルの美しさに魅せられた王は彼の台詞に爆笑し、臣下の猛反対を 押し切って彼らを宮廷に住まわせる。 何もかもが珍しい宮廷での生活。 しかしそれは、2人の激烈な運命の前座に過ぎなかった…。

« ホーホケ6巻 | トップページ | SφHOLM CAFEでランチ »

映画」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
こちらからウマく貼れないみたいで、、、ごめんなさい。

この映画もともと期待していたのですがそれ以上に満足♪な作品でした。
私もチャングム観ていたからはまりやすかったのかな??
公開したらぜひもう一度観にいきたいです!

こんばんは☆
TBありがとうございました。
こちらからもTB送ったつもりだったのだけどうまく送れてないみたいですね。すみません。

これ、私も大満足でした!
チャングムと時代がかぶっているのがまた良かったりして、、、

公開されたらまた観にいきたいです!

沢山あたってますね!いいなー
私も見たいものにはハガキまで出してみるのに・・・
全然あたりません・・・
おまけにYUKIちゃんの通販、抽選予約とかも
いーっつもはずれます
とことんクジ運ないようです~(涙)

チャングムずっと見てたから、同じ時代背景だと思うとちょっと興味ありますネ。

≫きららサン
はじめまして!
コメントやTBはスパム対策の為にすぐに公開されないようには
しているのですが、TBはできてないみたいですね。
コメントはできてるのでIPではじかれてるわけではないと思うのですが、
どうしてTBはできてないんでしょうね。
すみません。
『王の男』私もすごく満足な映画でした。
同じ意見の方がいてうれしいです。
チャングムを観てた方が分かりやすくていいですよね。
私ももう一度観に行きたいです!!

≫ふーサン
そうなんですよ。
今年は試写会年みたいです(笑)
私は毎回ネットで応募してますよ。
ハガキは書いても出し忘れちゃったりするので。

『王の男』はチャングムに出てくる王さまの前の代の王さまが
出てくる話で、チャングムを観てるのなら入りやすい映画だと思いますよ。
イ・ジュンギもキレイで良かったのですが上に書いてるように
チャンセン役のカム・ウソンさんの声に注目です!!

こんばんは。コメントありがとうございました!
本当素敵な映画でしたよね。
TBがうまくできなかったのでコメントのみですみません。
チョン・ジニョンが北村一輝に似てる件、同意見でうれしいです。

≫masakoサン
こちらこそコメントありがとうございました。
TBはうまくできてましたよ。
スパム対策の為、すぐ表示されないようにしていたので・・・
私の方こそTBうまく送れてないみたいですね。
北村一輝に似てる件はmasakoサンのブログで発見してうれしかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68946/4268116

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「王の男(왕의 남자)」試写会:

» 『王の男』 東京国際映画祭 [映画な日々。読書な日々。]
16世紀初頭、暴君として今も語り継がれる実在の王、燕山君(ヨンサングン)の時代。王は幼い頃に母親を毒殺され、今でも心に深い傷を負っていた。そのせいか、人前で笑ったことがない。 そんな王と愛妾ノクスを皮肉った芝居が漢陽の都で人気を博し、2人を演じた“芸人の王”... [続きを読む]

» チャングムの時代の悲しい物語。『王の男』 [水曜日のシネマ日記]
16世紀の韓国の宮廷を舞台に繰り広げられる芸人と王の物語です。 [続きを読む]

» 王の男 [Alice in Wonderland]
韓国人の4人に1人は観たといわれるこの映画、少しは期待して観に行ったのですが・・・、期待以上の素晴らしい映画で上映中はスクリーンに釘付けでした。韓国映画ファンの方もそうでない方も楽しめる素晴らしい映画だと思いますよ! 16世紀初頭、漢陽にやってきた旅芸...... [続きを読む]

» 映画 【王の男】 試写会レビュー [美人手帳]
サイバーバズさんのご招待で、王の男という韓国映画の試写会に行ってきました。12月9日から、新宿ガーデンシネマ【新館】恵比寿ガーデンシネマ他で、公開スタート、お正月 全国拡大ロードショーされます。 reff_m('canIzQmwm1i0z', 'OTmpxjn') 映画「王の男」....... [続きを読む]

» 映画「王の男」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
英題:The King And The Clown 燕山君(ヨンサングン)という暴君な16世紀初頭の実在の王と、一座を逃げ出して漢陽の都にやってきた旅芸人というフィクション設定の、哀しみの愛憎物語 旅芸人一座で幼馴染の花形チャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ)... [続きを読む]

» ★「王の男」 [ひらりん的映画ブログ]
「オープン・シーズン」に続いて、本日二本目。 なにせ、「109シネマズ」が年末まで、ポイント倍増セール中。 ちょっと得した気分なので、買い物ついでにレンチャンしました。 こちらは韓国で大ヒットした時代劇。 [続きを読む]

» 「王の男」 やっぱり好きです時代モノ [着物アロハ・茅kaya日記]
韓国強いな〜〜ってのが、一番の感想。 こんな田舎の平塚のシネコンでも 堂々上映されて、お客さんも半分ほどの入り。 おばちゃんばかりでなく、けっこうおじさんも多かった。 16世紀の韓国の宮廷を舞台にした歴史ドラマってのが チャングム効果で動員数が増えたのかも・・・。 なんて、わたしもその口です。 続きはちょっとだけネタバレありですが・・・ ... [続きを読む]

» 王の男 [映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ]
●『王の男』2006年12月9日公開。映画チラシでみるとイ・ジュンギって女の子みたい。韓国では大ヒットしたみたい。イ・ジュンギは『日本は私の国、映画終えて行くつもり。親日派!好きだ』(人気になれたのは日本のおかげ の意味合い)と言ってしまい自国の....... [続きを読む]

« ホーホケ6巻 | トップページ | SφHOLM CAFEでランチ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

LIVE

福岡の天気予報

Twitter

 

アレコレ棚


BlogLink

STARBUCKS


楽天



  • 楽天で探す
    楽天市場

Amazon




Advertisement


  • マクロミルへ登録

  • ポイント ちょびリッチ

  • 新規モニター登録
無料ブログはココログ